ホーム > コラム > ウォシュレット交換は自分で行えるものなの?

ウォシュレット交換は自分で行えるものなの?

水道の元栓を閉めすぎないように注意


現在では一般家庭でも、ウォシュレットが取り付けられているトイレが多いです。リーズナブルな家賃で提供されている賃貸物件でもウォシュレットが普通に装備されているケースも多いです。ウォシュレットが普通にあると忘れてしまいがちですが、もし故障して使えなくなるとなかなか不便です。故障してしまったら、ウォシュレット交換をしなければならない可能性も出てきます。
インターネットを調べてみると、自分で取り付けたといったブログやSNSが投稿されているケースも少なくありません。また実際に取り付けている模様を動画に収録して、それをアップしているものも見られます。このようなものを見ると、自分でやってみようかと思う人も出てくるでしょう。もちろんうまくできたという人もいますが、一方でうまくいかなくて逆に失敗してしまったという体験談も見られます。
ウォシュレット交換の作業中は水道の元栓を閉めなければなりません。ところが中にはうっかりしていて、元栓を閉めずに作業してしまう人もいます。その結果、水が止まらなくなってトイレの中が水浸しの状態になってしまったというものです。もし水浸しになってしまうと、トイレの掃除は大変になります。最悪水回りの業者にお願いしなければならず、余計な出費を強いられることもあり得ます。素人が行う場合、このようなケアレスミスで取り返しのつかない状況に陥ってしまう恐れもありますので、注意しなければなりません。もし自分で行うのであれば、水道の元栓をまずは閉めることを心がけましょう。

良かれと思ったら故障してしまったかも


自分でウォシュレット交換をしようと思ったところ、壊れてしまうパターンがあります。少し力を込めて止水栓や部品を締めたところ、壊れたという話をしばしば耳にしたことがある方もいるでしょう。止水栓の場合、マイナスドライバーなどを溝に差し込んで水の流れを調整するもの、ハンドル方式のものがあります。後者の場合には、取り扱いに注意したほうがいいです。特に長いこと止水栓を動かしていないと、無理に開けようとして水があふれてしまう、力の調整を間違えて壊れてしまうことも往々にあります。
この場合、止水栓そのものが破損しているので、元栓を閉めるしか水道を止める方法はありません。一戸建てならまだしも、集合住宅の場合、元栓がどこにあるかわからず、結局水回りの業者に作業を依頼する形になります。すぐに駆け付けてくれればいいですがタイミングが悪いと、現場に到着するまでに時間が多少かかってしまいます。
もし自分で作業したければ、元栓の位置をまずチェックすることが大事です。もし元栓の位置を確認できなければ、無理に自分で作業するのは危険です。ちなみにウォシュレット交換や修理以外でも蛇口から水が出てきて、いくら蛇口を絞めても止まらなくなることがあります。

部品を取り外すことができなくなる可能性


ウォシュレットを取り付けてから長い月日が経過していると、部品そのものが劣化している可能性も十分あります。するとドライバーなど自宅で利用しているようなアイテムでは取り外すことができないこともあります。このような普通の工具で取り外すことができない部品でも、特殊な工具を使用すれば外せるケースも多いです。水回りの業者や専門家だけしか、特殊な工具を持っていないということもあるでしょう。
もし自宅の工具を使って部品を外そうと思っても、なかなか外せないのであれば、いったん作業を中断するのがおすすめです。もしここで無理やり力ずくで外そうとすると、かえって便器などに傷をつける可能性が出てきます。皆さんもご存知のようにトイレの便器のほとんどは陶器で作られています。ですからもし一部傷がついてしまった、破損したという場合、その部分だけを修理すればいいという話にはなりません。全部を交換しなければならず、工事も大掛かりになります。おのずと工事に伴う費用もかかってしまいます。このようにただのウォシュレット交換をするつもりが、便器全部を交換する事態になってしまうこともあります。
また例えば交換作業をしているときに立ち上がろうとします。この時に油断して近くの給水管を握って全体重がかかってしまうとぽきりと折れてしまうことがあります。すると、これもまた専門の業者の力を借りなければならないでしょう。このようにウォシュレット交換を自分で行った場合、失敗してしまって結局業者にお願いしなければならなくなることもあり得ます。普段DIYをやっていて、このような作業に自信のある人は、自分で交換する方法もあります。しかし少しでも自信がなければ、業者に交換作業の依頼をしたほうが無難です。自分でやった方が安上がりだから、と思って作業したらより大掛かりな工事になってしまい、費用もよりかさんでしまうということもありうることは頭に入れておきましょう。


※関連リンク
ガスコンロ・ビルトインコンロの交換を激安で!
棟梁ドットコムのガスコンロ・ビルトインコンロ交換

便器や便座の交換、トイレのリフォームはお任せください!
棟梁ドットコムのトイレリフォーム

人気のガス給湯器を激安価格で購入できます!
棟梁ドットコムの給湯器交換

お支払方法

銀行振り込み

(振込み手数料はご負担ください。)

代金引換

手数料については詳しくはこちらをご覧ください。
※商品購入のみの場合お選びいただけます。取り付け工事ご希望の場合は、代金引換はできません。

振込期限・入金期限

銀行振込にてご注文の場合ご注文確定メール送信後1週間以内にお振込をお願いします。
お振込み確認後の発送となります。
ご入金が確認できない場合、商品の確保が難しくなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

返品・交換・修理等について

詳しくはこちらをご覧ください

サイトマップ

すべての商品

当店について

棟梁ドットコムは施工パートナーを募集しています

お問合せ番号
フリーダイヤル 0120-484-666
年中無休 受付時間9:00~18:00
お電話の際この番号をオペレーターにお伝えください。

R6041396W