ホーム > コラム > トイレリフォームを失敗しないために知っておきたいこと

トイレリフォームを失敗しないために知っておきたいこと

トイレリフォームに失敗しない方法は失敗を知る


人々が学ぶ方法は現代社会では色々とあります。ネットや本・雑誌、テレビ・ラジオなど色々なところから様々な方法で情報を収集し、自分の中で吟味および整理をして有効活用している人も多いでしょう。そのような勉強家の方に対して確実に伝えたい言葉は、「先人に学べ」というものです。特に学んでいただきたいのは、どのような形で失敗をしたのかになります。あらゆることを想定して物事は作られて提供されているのですが、人間というのは不思議な生き物で、その想定を上回るような不思議なことをしでかして失敗をしてしまうのです。そのようなことを繰り返し行わないようにするためにも、失敗してしまった方々の体験談や口コミから自身も失敗しないように学ぶことも一つの方法です。
例えば、トイレリフォームでシンプルでありながらも大きな失敗となったのが、便器のみをリフォームすることしか頭になかったという人です。リフォームと言えどもいろいろな方法がありますが、最も単純でシンプルなのが使っている便器を取り替えるというやり方です。新しい便器は色々と機能が搭載されているので、プチリフォームだったとしても大きな変更に感じますし、満足することが非常に大きいのです。
しかし便器にもサイズがあります。このサイズを気にすることなく購入すると、トイレ内がとっても狭くなってしまって非常に不便になります。実際に勢いで購入した人の中には、床の掃除をするのがとっても困難になり、便器に頭をいつもぶつけてしまい便器の後ろ側に手が回らなくなってしまうことで、デッドスペースが増えてしまったということもあります。これでは便器の前で立った時のスペース確保も一苦労になってしまい、掃除をする際にもトイレ使用する際にも大不評な状態になってしまいます。

よいと思った行動にデメリットはないのか


新しい環境や物に取り替えるというのは、必ずプラス作用をもたらしてくれるのですが、その行動がプラスの作用のみをもたらさず、マイナス面も引っ張ってきてしまうことも多々あります。先ほどの便器を大きくした結果トイレ内が一気に狭くなったというのもいい例です。このように、「〇〇をしたくて導入したら、結果△△になって駄目だった」というパターンはたくさんあります。
例えば、トイレ内を少しでも明るい状態で使用したいと思ってリフォームの際に窓を大きくするというやり方をとった結果、明るくはなったけれども大きくしすぎたせいで外からの視線が気になってトイレどころではなくなってしまったということもあります。これも大失敗な一例と言えるでしょう。逆に、間接照明を使って雰囲気のある空間にしたいと思っていた方が、間接照明のみにしてしまったせいで光源が足りなくなってしまい暗すぎてしまったということもあります。
他にも、掃除をしやすいようにするために水が流せるよう排水口を床に取り付けたが、実はトイレはそこまで水を流す場所ではないということを設置した後に気がつき、封水が蒸発するようになってしまって、いつも下水のにおいが上昇してきてトイレ内が悪臭でいっぱいになってしまったというケースも考えられます。
また、便器のサイズを変更した方の中で、トイレの大きさもしっかり考えて設置などは問題なかったけれど、総合的には失敗と判断したケースがあります。これは、サイズを変更してもトイレ内での行動に制限はなかったのですが、便器サイズが変わったことでトイレットペーパーホルダーの位置が最適な場所ではなくなってしまい、手をひねる必要性が出てきて不評になったというパターンです。簡単なようで簡単にはいかないのがトイレリフォームなのです。

知識不足によるトイレリフォーム失敗も多い


トイレは非常に狭い空間ですし、リフォームもシンプルかつ簡単に終わると思っている人は多いでしょう。しかし、その小さな空間であったとしても建築士の方々の知識が詰まっているので、その知識がないと対応できない部分というものも出てきてしまうのです。要するに、これらの建築に対する知識不足でリフォーム失敗になるケースがあるということです。
例えば、かなり古いタイプの便器やトイレを一新するためにリフォームを考えた結果、配水管の変更までも必要になってしまってトイレの床まで削る必要性が発生し、大がかりとなってしまって予算オーバーになってしまったというパターンです。昔のトイレと今のトイレは配水管の位置が異なることが多く、その部分で引っかかることがよくあるのです。年式の古い商品は前方、新しい商品は後方にあることが多いので、これはリフォームを依頼する前に調べておいた方がいいでしょう。床下工事まで発生するのはなかなかに厳しいものがあります。仮に配水管の位置が異なっていたとしても、排水位置が調節できるタイプのトイレもありますので、そちらから選ぶようにしてください。
また、トイレにも見た目やファッション性を求める人は多くいますが、実は必要な機能および性能というのは多くあります。特に注意してもらいたいのが床です。トイレの床材は耐水性や耐アンモニア性が優れている物を使っている傾向にあります。この部分を見落として見た目だけで選んでしまうと、カビが発生してしまうようになり掃除が大変なことになってしまうので、家族中から大不評になってしまうでしょう。必要最低限な性能もあるということを覚えておきましょう。
本来トイレをリフォームすることは電気代が抑えられたり掃除が簡単になったり、最新の機能で脱臭機能が格段と上がったりと、メリットがたくさんあるものです。このような失敗例を踏まえて、失敗しないようにしっかりと知識と実績をもった業者に依頼することが重要になってくるのです。


※関連リンク
ガスコンロ・ビルトインコンロの交換を激安で!
棟梁ドットコムのガスコンロ・ビルトインコンロ交換

便器や便座の交換、トイレのリフォームはお任せください!
棟梁ドットコムのトイレリフォーム

人気のガス給湯器を激安価格で購入できます!
棟梁ドットコムの給湯器交換

お支払方法

銀行振り込み

(振込み手数料はご負担ください。)

代金引換

手数料については詳しくはこちらをご覧ください。
※商品購入のみの場合お選びいただけます。取り付け工事ご希望の場合は、代金引換はできません。

振込期限・入金期限

銀行振込にてご注文の場合ご注文確定メール送信後1週間以内にお振込をお願いします。
お振込み確認後の発送となります。
ご入金が確認できない場合、商品の確保が難しくなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

返品・交換・修理等について

詳しくはこちらをご覧ください

サイトマップ

すべての商品

当店について

棟梁ドットコムは施工パートナーを募集しています

お問合せ番号
フリーダイヤル 0120-484-666
年中無休 受付時間9:00~18:00
お電話の際この番号をオペレーターにお伝えください。

R6041396W