ホーム > コラム > 手入れのラクさもキッチン選びの必須条件

手入れのラクさもキッチン選びの必須条件



効率性と機能性の両立



女の城とも言われるキッチンですが、最近は料理を楽しむ男性の姿も多く見受けられ、この言葉が通用しなくなりつつあります。料理をする人、みんなの城、と化しつつあるこの場所は、そこに住む人、集う人の胃袋と心を満たし、健康の土台造りの一端を担います。それだけに使う人の感覚に合わなければ、どんな高級な造りでも意味がありません。例えば、動線に無駄が多く作業がしづらかったり、動線に問題が無くても手入れをするのに手間がかかったりしたのでは、楽しんで料理をするどころか却ってストレスが溜まってしまいます。

普段から料理をしている人は、作業の流れや動線を意識しないまでも、自然と頭の中でプログラミングしているものです。この一連の流れの中には、片付けや掃除も入っていて、料理をしながらその隙間時間に調理器具の洗浄や片付け、調理台やコンロ周りの油汚れの除去などを手早くこなしてゆきます。特に汚れの除去は、時間が経てば経つほど落ちにくくなりますから、早めに対処するに越したことはありません。もしこのとき、キッチンの材質が手入れのしにくいものだったら、調理にまで影響を及ぼすことも考えられます。油汚れをさっと拭き取ることができるかできないか、たったそれだけのことが料理に影響を与えるのですから、キッチンの良しあしは手入れのしやすさもポイントとなります。

手入れのしにくいキッチンは、自ずと掃除が料理終了後になってきます。時間の経過と共に汚れの落ち具合も変わってきますから、キッチンを選ぶとき、下見をするときは、そこに立つ人の意見に重きを置くのは重要です。



使う人の特性にマッチングしたものを



昔ながらの窓に面したもの、根強い人気を誇る対面型、今一番人気のアイランド型、キッチンにもさまざまなデザインがあり、どれを好むかは使う人、選ぶ人の考え方が反映されます。賃貸など住む人の意見でどうにもならないものは仕方がないとして、持ち家の場合は住む人のこだわりを思う存分構造に反映させることができ、そのチャンスは、新築の時とリフォームの時に訪れます。色や形状などはもちろんのこと、一番よく使う人が高身長だったり極端に小柄だったりするときは、その高さにも気を配らなければなりません。

最近はビルトインも広く普及し、その内容は従来からあるガスコンロとグリルばかりでなく、IH型のコンロやクッキングヒーター、果ては食洗機が組み込まれたものまであります。また材質も昔とは比べものにならないほど使う人に寄り添ったものが多く、簡単に手入れができることからストレスが少なくてすみます。たわしで力一杯ゴシゴシ磨き洗いするのは、昔の話になってきました。逆に、今の材質はとてもデリケートで、力を入れない手入れ方法が推奨されています。

料理は好きだけど、食器洗いは好きになれない、といった声を耳にすることがあります。片付けも料理のうちとはいえ、山のように重なった汚れた食器を目の前にしてうんざりする気持ちも分からないでもありません。そうしたときに食洗機が役立つわけですが、ビルトインタイプですと場所もとられずすっきりと片付けに取りかかることができます。新しくキッチンを導入するときは、一番よく使う人に配慮することが大切です。どれだけうっとりするような洗練されたデザインでも、使う人の特性に合わなくては意味がありません。色やデザインに惑わされることなく、最初に「絶対にこれだけは」という条件を決めて検討すると良いです。



炊事場から台所、そしてキッチンへ



今や当たり前となったシステムキッチンが登場したのは、昭和40年代後半のことです。デザイン性や収納力に優れ、使い勝手も良いことから人気を呼び、瞬く間に広がってゆきました。そしてこの新しい台所の普及に付随して、冷蔵庫や換気扇など周りの機器も進化してゆきます。そこで立ち働く人、足を踏み入れる人、住む人すべてが効率的で快適な生活空間を手に入れたのです。

もともと日本における炊事作業は、立ったり座ったりの重労働でした。今のようにすべての家庭で、立ったまま炊事ができるようになったのは、戦後のことです。それでも当時の流し、今で言うところのシンクは、タイルや鉄板、コンクリートなどで作られていたため、手入れも一苦労でした。そんな流しにステンレス製のものが最初に採用されたのは公共団地で、昭和31年のことです。これを皮切りに一般家庭にも普及し始め、それまでのものに取って代わります。そしてこの頃から、キッチンという呼び方が主流になってきました。

かつて水仕事は、室内だけでなく室外でも行われていました。外で食材や食器、調理器具を洗い、室内で煮炊きをする。時と場合によっては、外に出て七輪で魚を焼くこともありました。今のようにスイッチひとつで点火されることもなく、マッチを使ったり炭をおこしたりと、家事がどれだけ大変な作業だったのかがわかります。


※関連リンク
ガスコンロ・ビルトインコンロの交換を激安で!
棟梁ドットコムのガスコンロ・ビルトインコンロ交換

便器や便座の交換、トイレのリフォームはお任せください!
棟梁ドットコムのトイレリフォーム

人気のガス給湯器を激安価格で購入できます!
棟梁ドットコムの給湯器交換

お支払方法

銀行振り込み

(振込み手数料はご負担ください。)

代金引換

手数料については詳しくはこちらをご覧ください。
※商品購入のみの場合お選びいただけます。取り付け工事ご希望の場合は、代金引換はできません。

振込期限・入金期限

銀行振込にてご注文の場合ご注文確定メール送信後1週間以内にお振込をお願いします。
お振込み確認後の発送となります。
ご入金が確認できない場合、商品の確保が難しくなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

返品・交換・修理等について

詳しくはこちらをご覧ください

サイトマップ

すべての商品

当店について

棟梁ドットコムは施工パートナーを募集しています

お問合せ番号
フリーダイヤル 0120-484-666
年中無休 受付時間9:00~18:00
お電話の際この番号をオペレーターにお伝えください。

R6041396W