よくあるご質問

お客様からよくいただくご質問にお答えいたします。

Q-1:コンロの置台とコンロの大きさの差が若干しかありませんが、対応可能ですか?

A:現在、コンロ置台の規格は56cmと60cmが主流であり、その規格に合わせて設置が出来るようなコンロサイズの設計にしてあります。
そのため、現在市販されているコンロであれば概ね問題ございません。

Q-2:型式にLもしくはRとありますが、どういう意味ですか?

A:コンロのバーナーには、強火力バーナーと標準バーナーがあります。
型式の語尾に
L がつくと、左側が強火力バーナー
R がつくと、右側が強火力バーナー
ご購入の際には、お客様のキッチン環境に合わせてお選びください。
※一般的には、コンロ横の壁から遠い方に強火力バーナーを選びます。

Q-3:ガラストップの特徴は?

A:天板がガラス素材になっているもので現在の主流です。
一般的に表面加工が施してあり、見た目が美しく、耐久性、耐熱性に優れ、お手入れが簡単です。
お手入れが簡単で現在の主流ですが重いものを落とした場合破損の恐れがあります。

Q-4:ガラスコートの特徴は?

A:硬質ホーローにさらにコーティングを施し、強さと発色を向上させたタイプです。
「ハイパーガラスコート」「パールクリスタル」「Gクリアコート」などがあります。
ガラスの光沢感と、鋼板の堅牢度を併せ持ちます。
ガラストップに比べて価格は安いですが衝撃で表面塗装が割れると、そこからサビ始める事があります。

Q-5:ホーロー の特徴は?

A:鋼板にガラス質のコーティングがされたタイプです。
耐久性に優れていますが、衝撃で表面塗装が割れるとそこからサビ始め年数が経つとコーティングが剥げてくることがあります。

Q-6:フッ素コートの特徴は?

A:鋼板にフッ素コーティングがされたタイプです。
油をはじくのでお手入れが楽で値段が安いですが、 熱に弱く硬い物でこするとフッ素が剥がれるので注意が必要です。

Q-7:ステンレス(高級タイプ)の特徴は?

A:ステンレス素材のタイプです。
現行品では、個性的なコンロ数機種のみ発売されています。
とても頑丈ですが、熱によって赤茶色に変色します。

Q-8:アルミトップ(高級タイプ)の特徴は?

A:天板が(厚みのある)アルミ素材のタイプです。
熱伝導が良いことにより熱が素早く分散するため、汚れが焼付きにくくお手入れが楽です。

Q-9:テーブルコンロをビルトインコンロに交換できますか?

A:交換することはできますが、そのままでは交換出来ません。
システムキッチンへリフォームするか、ビルトイン専用キャビネット等を使用して交換することになります。

Q-10:自身で用意した本体を設置のみ依頼はできますか?

A:承っております。
設置料金については、設置前に現地調査のうえで 詳細な料金を提示させて頂きます。

Q-11:Siセンサーコンロとは何ですか?

A:温度を見守る温度センサーで安心・便利機能を充実させた新しいコンロです。
Siセンサーコンロとは、業界で決めた統一マーク用語で、「Si」とは、・安心(Safety)・便利(Support)・笑顔(Smile)・賢い(intelligent)を意味しています。
平成20年4月より製造されるコンロは全てSiセンサーコンロになりました。

Q-12:点火はしますが、しばらくすると火が消えてしまいます。 どうしたらいいですか?

A:立ち消え安全装置が炎をうまく感知できない為、安全装置が働いてガスを遮断しているものと思われます。
ガスバーナーの周りに鉛筆の先のようなものが出ているので、先が汚れていないか確認し、汚れているようでしたら歯ブラシなどでこすってみてください。
それでも直らないようなら修理が必要ですので各メーカーにお問い合わせください。

Q-13:システムキッチンで、オーブンは今のままで、コンロ部だけの交換はできますか?

A:コンロ部のみの取り替えも可能です。
ただし、既存のオーブンの種類によってはできない場合もございます。
ご不安な方は一度現地調査をお申込みください。
専門知識を持ったスタッフが調査に伺います。

Q-14:今、60cm幅のコンロですが、75cmトッププレートのコンロは入りますか?

A:60cmと75cmの違いはトッププレートの幅が広いだけとなっているため、75cmのトッププレートがおける幅があれば、キッチンの加工をせず設置することができます。

Q-15:うちのコンロでダッチオーブンは使用できるの?

A:ダッチオーブンに対応したコンロであれば、使用することが可能です。

Q-16:コンロで味噌汁を温めていたら、突然大きな音とともに鍋がひっくり返ってしまいました。 故障でしょうか?

A:「突沸」という現象です。
味噌や具が沈殿して鍋底に水を閉じ込めてしまいその中の水が爆発的に沸騰する為に起こる現象です。
味噌汁を温めるとき等は時々鍋の底をかき回してください。

Q-17:コンロの点火スイッチを押したとき、すべてのバーナーに火花(スパーク)が飛びますが、異常でしょうか?

A:正常な状態ですのでご安心ください。
1つの点火ボタンを押すと全てのバーナーに火花が飛ぶ仕組みになっています。
他のバーナーに火花が飛んでも点火ボタンを押していないバーナーからガスは出ない仕組みとなっていますのでご安心ください。

Q-18:コンロの火が、調理途中で弱火になったり強火になったり、消えてしまうことがある。どうしてですか?

A:熱感知のセンサーが作動したものによるものと思われます。
コンロバーナーの真ん中にセンサーが付いているものでは、センサーで鍋底の温度を検知して火力を自動的に調整しています。
油の以上加熱による発火やうっかり加熱で鍋を傷める事を防ぐ安全装置として働いています。

Q-19:大バーナーの選び方がわかりません。

A:大バーナーが左右選択可能な機種の場合は、壁と隣接していない方のバーナーを大バーナーにご指定ください。

Q-20:ビルトインコンロは自分で設置出来ますか?

A:設置にはガスの接続作業がございますので、有資格者でないとお取扱いできません。
専門のガス設備業者さんへご依頼下さい。

Q-21:既存品の処分はしてもらえますか?

A:弊社の交換工事の料金の中には既存品の処分費も含まれておりますので、ご安心ください。

Q-22:テーブルコンロとビルトインコンロはどう違うのですか?

A:テーブルコンロとは、コンロ台やコンロ用スペースの上に置いて使用する据え置き型のコンロです。
対して、システムキッチンの中に組み込むタイプのコンロをビルトインコンロと呼びます。

Q-23:自宅はプロパンガスですが、都市ガス用のテーブルコンロを使用することはできますか?

A:ガスの種類が異なる場合、使用できません。
機器が対応しているガス種類とガス会社から供給されているガス種が異なると不完全燃焼により一酸化中毒になったり爆発着火でやけどをしたり機器が故障する場合がありますので絶対に使用しないでください。

Q-24:工事の時に、コンロ下のキャビネット内は片付けた方が良いですか?

A:ガス管接続工事をしますので、片付けていただけると工事のとき助かります。

Q-25:ガスコンロのお手入れはどのようにすれば良いですか?

A:吹きこぼれなどがありましたら、濡れているうちに拭き取ってください。
吹きこぼれをそのままにしておくと、汚れがこびりついてとれなくなります。

お支払方法

銀行振り込み

(振込み手数料はご負担ください。)

代金引換

手数料については詳しくはこちらをご覧ください。
※商品購入のみの場合お選びいただけます。取り付け工事ご希望の場合は、代金引換はできません。

振込期限・入金期限

銀行振込にてご注文の場合ご注文確定メール送信後1週間以内にお振込をお願いします。
お振込み確認後の発送となります。
ご入金が確認できない場合、商品の確保が難しくなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

返品・交換・修理等について

詳しくはこちらをご覧ください