ホーム > トイレリフォーム > よくあるご質問

よくあるご質問

お客様からよくいただくご質問にお答えいたします。

Q-1:温水洗浄便座ってなんですか?

A:ウォシュレットという名称で皆様に定着していることが多いですが、実はウォシュレットという名称はTOTO商標登録となっております。
INAXではシャワートイレという名称もついており、区別するために弊社では温水洗浄便座と呼んでいます。

Q-2:便器にヒビが入ったのですが、補修はできますか。

A:衛生陶器にはその物性上、補修用の接着剤やコーキング剤による修理対応は行なっておりません。
ヒビ割れの場合は陶器内部に亀裂が入りこんでいる可能性がありますので、接着剤やコーキング剤をもってしても進行を止める事が困難です。
陶器が破損し怪我をする恐れがありますので、速やかに交換されることをおすすめしております。

Q-3:外国製の便器にも温水洗浄便座は取り付けできますか?

A:現在、温水洗浄便座はJIS規格に準拠し製造されています。
外国製の便器はJIS規格外となるため、設置の保証は致しかねます。
各メーカーから温水洗浄便座取り付け部の図面を取り寄せるなどしてお持ちの便器と照合し、御確認いただくことをおすすめいたします。

Q-4:井戸水を使用してもよいでしょうか?

A:温水洗浄便座は水道水でのご使用をおすすめします。
井戸水をご使用される場合は、飲料に適した水であることをご確認の上でご使用ください。
また、冬場など渇水期には砂の混入が多くなりますので、ときどきフィルターの清掃をするなど、機器の砂詰まりには十分なご注意が必要となります。
なお、温水洗浄便座はデリケートな部分を洗浄する機器であり、衛生面からも良質な水が不可欠であることと、機器の安全動作のためにも、配管経路・洗浄ノズルの砂詰まり等を防ぐ必要もあるので、水道水のご使用をおすすめしています。

Q-5:温水洗浄便座にアースは必要なのでしょうか?また、アースを取り付けないと、どんな危険があるのですか?

A:お客様に安全に・安心感を持ってご使用いただくために、アース工事は行なって頂くことが必要です。
施工説明書や取扱説明書でも、アースを工事を行わないと、故障や漏電のときに感電する恐れがあることを警告しています。
電気設備の関係法令でもアースを施設することが定められていますのでアースは、必ず施設してください。

Q-6:温水洗浄使用時に水が飛び散ってしまうのですが、どうしたらよいですか?

A:具体的な対応策としては難しいですが、深く腰掛けることにより水の飛び散りを抑えることは出来ます。
温水の勢いで排泄物を洗い落とすという仕様上、しぶきの発生を完全になくすことは困難です。
水勢を弱くすればしぶきは少なくなりますが、洗浄力が低下します。

Q-7:2階の便器のたまり水が自然に減る事があるのですがなぜですか。

A:1階のトイレと2階のトイレの排水管がつながっている場合に見られる現象です。
1階のトイレの水を流すと排水管内の圧力変動により、2階の水が引っ張られて便器の水が減る事があるため、同様の現象が発生します。
また、2階を流すと1階の便器の水が減ってしまう場合もあります。

Q-8:便器のサイズには1種類しかないのですか?

A:便器には大型サイズと普通サイズの二種類があります。
大型サイズは便器の穴の縦方向の長さが360〜380mm、普通サイズは便器の穴の縦方向の長さが320〜340mmです。
今、お使いの便器に不満がなければ、同サイズの便器を選ぶことをお勧め致します。

Q-9:温水洗浄便座のノズル洗浄に「市販のトイレ洗浄剤」は使えるの?

A:温水洗浄便座の温水洗浄ノズル等に直接スプレーすると、故障の原因になることがあります。
また、洗浄剤の種類によっては、温水洗浄便座本体の樹脂に悪影響を及ぼすものがあります。各メーカーの取り扱い説明書をよくお読みいただき、ご使用下さい。

Q-10:節水のためタンクの中に物を入れても良いですか。

A:タンクの容量は、便器の洗浄方法に応じて必要な水量として設計されているので、おすすめ出来ません。
水量が足りないと、便器の洗浄が十分出来ない、便器や排水管内で汚物が詰まるといった不都合が発生する恐れがあり、衛生面も心配されます。
節水をお考えでしたら、少ない水量で流せるように設計された節水便器をご利用ください。

Q-11:既存のメーカーとは違うメーカーの便器を取り付けることはできますか?

A:メーカーが変わっても取り付けできる場合もございます。
弊社では便器の交換工事の前に現地調査の上で、便器の選定をしておりますので、お客様の要望に沿った便器のご提案をさせて頂いております。

Q-12:温水洗浄便座の交換工事にはどのくらい時間がかかりますか?

A:およそ1〜2時間程度見ていただければ完了致します。

Q-13:トイレ内にコンセントがありませんが、温水洗浄便座はつけられますか?

A:トイレ内にコンセントがない場合には、コンセントの増設工事が必要となります。
別途追加費用が発生はしますが、設置をすることは可能ですので、ご安心下さい。
詳しくはコールセンターまでお問い合わせ下さい。

Q-14:温水洗浄便座の交換は自分でできますか?

A:比較的簡単な手順で設置することもできるので、弊社でご購入頂くお客様の中にもご自身で設置されるお客様はいらっしゃいます。
技術的に不安な場合は、弊社まで工事をご依頼ください。

Q-15:便器の交換工事はだいたい何日間くらいかかるの?

A:洋式から洋式への交換工事の場合は約2時間から3時間で工事完了となります。クッションフロア(床材)の張替えもする場合は、プラス1時間かかります。

Q-16:トイレの工事中、他のところも水が出なくなっちゃうの?

A:工事中ずっとというわけではありません。
便器取外し時と接続時、水道管を触るときに一時的に水道を止めさせていただきます。
止める時と再開時にはお声を掛けますので、ご協力ください。

Q-17:後から手すりなどは取付けできる?

A:弊社では、一度現地調査の上で正式な回答をさせて頂いておりますが、設置することは可能でございます。

Q-18:今までタンクに結露がひどかったけど、やっぱり新しくしても変わらない?

A:タンクや便器に結露するのは井戸水を使用しているお宅に多く見られる現象です。
最近ではタンク内部に発砲スチロールのような断熱材が入っているタンクや結露がしにくい便器があるため、そういった防露便器や防露タンクを選ぶ事で結露を軽減することができます。

Q-19:トイレ便器の交換ってどんなタイミングで行うの?

A:便器が割れてしまったり、壊れてしまった時に交換するのはもちろんですが、最近では将来的な省エネを考えて交換されるケースも増えてきております。
1995年くらいまでは、13Lもの水を使って排水していたのが、現在では4.8L程度の水で排水できてしまいます。
約70%も節水ができ、4人家族だと年間13,000円以上も節約できると言われています。

Q-20:自分で用意した温水洗浄便座もつけてくれますか?

A:お客様にご用意頂いた機器であっても設置は可能でございます。

お支払方法

銀行振り込み

(振込み手数料はご負担ください。)

代金引換

手数料については詳しくはこちらをご覧ください。
※商品購入のみの場合お選びいただけます。取り付け工事ご希望の場合は、代金引換はできません。

振込期限・入金期限

銀行振込にてご注文の場合ご注文確定メール送信後1週間以内にお振込をお願いします。
お振込み確認後の発送となります。
ご入金が確認できない場合、商品の確保が難しくなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

返品・交換・修理等について

詳しくはこちらをご覧ください